ごあいさつ


京都、西京極の地において八十余年・・・、

 創業当時より材料を吟味し、当主自ら愛情をもって
漬け上げております。

 当店は家族経営の小さな漬物屋で「大量生産・大量
消費」に一番遠いところにおり、全て目の届く範囲で
製造・販売をしている、今時めずらしいお店です。

 愛情とこだわりの詰まった<川久>北尾商店のお漬
物を是非一度お試し下さいませ!
 *当店のお漬物は合成着色料・合成保存料は使用しておりません。
   ご安心してお召し上がり下さい。

京都市右京区西京極中町43
tel (075)313-0151
fax (075)555-5704
定休日・・・日曜日・祝日
営業時間・・・AM7:30〜PM7:00
 kawakyu@mb.infoweb.ne.jp

                               


    <川久>のこだわり

 ◆千枚漬の時期が短い
 千枚漬を多く売りたいのなら観光シーズン(10月〜)に作らなければなりません。
 しかし、千枚漬の原材料、聖護院かぶらが本当に美味しくなるのが11月末〜12月初めからに
なります。(当然ですが、その年の天候により変わります。)
 当店はもちろん聖護院かぶらが本当に甘くなる時期まで待って、待って、待ってから漬け込み
ます。
 そして1月早々、納得のいく聖護院かぶらが手に入らなくなると終わりにします。

 ◆糠(ぬか)に埋まっている、ぬか漬
 当店のぬか漬は他店のように商品を糠から出して見せていません。
 お客様からは糠しか見えず、一見不親切に感じると思います。
 しかし、ぬか漬は糠の中に眠らせておくのが一番よいのです。
 慣れないお客様には買い辛いと思いますが「美味しいぬか漬」の為ですm(__)m

                                  糠に埋まっているぬか漬→ 
                              
 
 原材料へのこだわり
漬物は原材料の野菜選びがとても大事です。
千枚漬に使用する聖護院かぶらは京都・亀岡産のものを選びます。
京たけのこ漬や花菜漬はおいしい農家を探し出し、契約農家になっていただきました。
その他の白菜漬やキャベツのぬか漬はその時期最もおいしい産地のもので漬け上げます。

                トップへ戻る           商品のご案内へ